記事一覧

アイコン

自分の扱いって難しいなと
先日思ってしまった。

また下げていた。
そして追い込んでしまった。

自分の中のとある部分を
他人がみえるかどうかを試す癖がある。
めったにしないものの、これが好きなのである。

点でしかない部分。

自分の宇宙には自分しか居ないのに、また試してしまった。

あ、みえてると思ってたのに、
みえてなかったんだ。

でもそれは自分だよ。

こだわることをジャッジしなけりゃいい。

同じ宇宙でみえてる人がひとりだけ居る^^
ピンポイントで話せる。同じ具だから、共通言語としてあるのだ。
奥の奥にある中心のもの。
「は?」って話し、でもわかってしまう。
これがスゴイとあらためて思ってしまった。

しかし、違う宇宙にも、それがみえる人が実際に居る。
それを探してる。行動しない事にはお目にかかれないし、
それって本当に貴重なんだなって思う。
みえたからなんだ?って話だけど、
任務を遂行する為のしるしみたいなもの。
ミクロすぎるマクロな話しだ。
なんのことやらみかんやら。古っ。




トラックバック一覧

コメント一覧