記事一覧

アイコンチルドレンクーデター8/7ライブのお知らせ

マイパートナー磯田オサムの参加しているかっこいいバンド
チルドレンクーデターが久しぶりにライブをやります!

とてつもないブッキング
MONSTERS NIGHT

2010/8/7(土)
京都 UrBanguild
http://www.urbanguild.net/

18:30open 19:00start
前売り1000円+1ドリンク/当日1500円+1ドリンク(ぎょ!

出演
VAMPIRE!
チルドレンクーデター
アリスセイラー&Damage Distortion
おやつ
ドラヒップ

http://www.ccvb.jpn.org/Children_coup_detat/20100807live.html

ほんまとてつもないブッキングですな。
この日、とうちゃんの命日なんですけどね。




アイコン磯田オサムが音楽を担当する舞台のお知らせ☆

ファイル 498-1.jpg

私の究極のパートナーサミーこと磯田オサムどんが、音楽担当する舞台のお知らせです。

【タイトル】
ピンポン

【内 容】
たくさんのカラフルなピンポン玉とおかしなふたり組「ピンとポン」。
静かで夢ばかり見ている男の子と、元気で冒険好きな女の子が、
出会い、恋をし、たくさんのピンポン玉を産み、
年老いていくまでをユーモラスに描くファンタジー。

★高円寺公演
【日 時】
2010年7月13日(火)18:30~
     7月14日(水)15:30~
【会 場】
座・高円寺
東京都杉並区高円寺北2-1-2
Tel 03-3223-7500
JR中央線「高円寺」駅 北口を出て徒歩5分
http://za-koenji.jp/
地図http://za-koenji.jp/guide/map_pdf.pdf

【入場料】
大人(18歳~)2,500円/こども(小学生~)1,500円/未就学児500円
【対 象】
4歳~大人

★沖縄公演
【日 時】
2010年7月17日(土)17:00~
     7月18日(日)13:00~
     7月19日(月)15:00~
【会 場】
沖縄商工会議所
沖縄県沖縄市中央4-15-20
TEL 098-938-8022
http://www.okinawacci.or.jp/
【入場料】
大人1,500円/こども1,000円(当日300円増し)
【対 象】
4歳~大人

【作・演出】
佐藤 信

【構 成】
tupera tupera + 佐藤信

【出 演】
竹屋啓子/久保恒雄/光田圭亮

【演 奏】
磯田 収

【照 明】
横原由祐

【音 響】
島 猛

【主 催】
(株)エーシーオー沖縄(Art Community Organization)
【チケット・お問合せ】
■キジムナーフェスタチケットセンター/Tel.098-921-2100/Fax.098-921-2111
http://kijimuna.org
■ACO沖縄/Tel.098-887-1333/Fax.098-887-1334
http://www.acookinawa.com
■ファミリーマートe+(イープラス)

文化庁
平成22年度文化芸術復興費補助金(芸術創造活動特別推進事業)




アイコン愛ある人々

今日は朝帰り~♪ステキな主婦だわ。
うふふ。

今月の頭、ある出来事で
あるメールから存在の愛☆を初めて感じた。
今日はその2度目。
数ヶ月ある事でずっとモヤモヤしてて、
41年ずっと知りたかった事を知った今、
そのモヤモヤともまさかの答えとして繋がった。

そして、昨日届いたメールを何度も読みながら、
じわじわと存在の愛を感じはじめた。
あの時と同じだ。
鏡は違っても、映ってるのは私。
キャスティングに惚れ惚れする。
ナイスすぎるぜ。
今までのプロセスにせよ、
粋なはからいなのだ。
感動と感謝しかありましぇん。

最近、マイパートナーが忙しい。
本人の認識はそうでも無いようだけど(私か・・・)
本職が楽しそうで、嬉しい。うしし。

もろもろ作業しつつ、一日が終わっていく中、
高次元のおともらちにメールを打とうとしたら、初電話が!
伝えたい事も伝え、秘話や知りたかった事をポンポンポンと教えてもらいつつ、
こちらも絶妙なPHっぷりに惚れ惚れ。

もろもろなミッションも遂行し、あくちんさんとも初電話!

部分である事を体感している今日この頃。
使ってくれてありがとう!
凝縮された1日だった。




アイコンアミへの歩み

ファイル 503-1.jpg

写真は、うちの庭のあじさい。(今年も一切手入れ無し)




アイコン

自分の扱いって難しいなと
先日思ってしまった。

また下げていた。
そして追い込んでしまった。

自分の中のとある部分を
他人がみえるかどうかを試す癖がある。
めったにしないものの、これが好きなのである。

点でしかない部分。

自分の宇宙には自分しか居ないのに、また試してしまった。

あ、みえてると思ってたのに、
みえてなかったんだ。

でもそれは自分だよ。

こだわることをジャッジしなけりゃいい。

同じ宇宙でみえてる人がひとりだけ居る^^
ピンポイントで話せる。同じ具だから、共通言語としてあるのだ。
奥の奥にある中心のもの。
「は?」って話し、でもわかってしまう。
これがスゴイとあらためて思ってしまった。

しかし、違う宇宙にも、それがみえる人が実際に居る。
それを探してる。行動しない事にはお目にかかれないし、
それって本当に貴重なんだなって思う。
みえたからなんだ?って話だけど、
任務を遂行する為のしるしみたいなもの。
ミクロすぎるマクロな話しだ。
なんのことやらみかんやら。古っ。




プロフィール